【新社会人(新卒)必見】ビジネスで役に立つExcel・ショートカット一覧(解答編)

About Web

こちらは下記のURL内に記載している問題編の解答になります。もし、問題編をご覧になっていない方は下記のリンクから虫食い表を見てから、こちらを見ると勉強効果が上がります。

問題編はこちら

それでは、虫食いを埋めた表を記載します。

社会人が覚えておくべきエクセル(excel)のショートカット一覧

ファンクションキー(fn)のショートカット

操作キーコマンド
F1ヘルプ表示
F2アクティブセルの末尾にカーソル配置
F3名前の貼り付け表示
F4直前の操作の繰り返し
F5ジャンプ表示
F7スペルチェック
F8拡張選択モード切り替え
F9全シートを計算
F11グラフ作成
F12名前を付けて保存

Ctrl+○のショートカット

操作キーコマンド
A全て選択
B太字
Cコピー
D上のセルのコピペ
F検索
Gジャンプ
H置換
I斜体
Kハイパーリンク
Nブックの新規作成

その他の役に立つショートカット

操作キーコマンド
Ctrl+Shift+:時刻入力
Ctrl+{参照元のセルへ
Alt+=SUM関数
Ctrl+PageUp/PageDownシート移動
Carl+Home左上のセルへ
Alt W V Gグリット線の削除
Ctrl + Shift + +(プラス)セル、行、列の挿入
Ctrl + -(マイナス)セル、行、列の削除

社会人が覚えておくべきエクセル(excel)の関数一覧

関数名できること
LEFT(セル番地,文字数)セル内の左の文字を抜き出す
RIGHT(セル番地,文字数)セル内の右の文字を抜き出す
MID(セル番地,開始位置,文字数)セル内の途中の文字を抜き出す
UPPER(セル番地)セル内の文字を大文字にする
LOWER(セル番地)セル内の文字を小文字にする
TRIM(セル番地)セル内の空白を削除する
MAX(範囲)範囲から最大値を導く
MIN(範囲)範囲から最小値を導く
CONCATENATE(セル番地①,セル番地②)セルを結合する
TRANSPOSE(入力したい箇所を選択,入力したい数値を選択)セルを配列、入れ替える:shift +Ctrl+Enterで入力
ROUND(セル番地,桁数)四捨五入:整数…0
IF(条件式,正しい値,正しくない値)論理式の結果(TRUEかFALSE)に応じて、指定された値を返す
SUMIF(検索範囲,条件,合計範囲)指定された検索条件に一致するセルの値を合計します
AVERAGEIF(検索範囲,条件,合計範囲)指定された検索条件に一致するセルの値の平均を出す
COUNTIF(検索範囲,条件)指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返す
SUMIFS(合計範囲,条件範囲①,条件①,条件範囲②,条件②)特定の条件に一致する数値の合計を求める
VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)指定された範囲の1列目で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返します。テーブルは昇順で並び替えておく必要がある
HLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法)指定したテーブルまたは配列の先頭行で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返す
HOUR(セル番地)時刻を0(午前0時)~23(午後11時)の範囲を整数で返す
NOW()現在の日付と時刻を表すシリアル値を返す
YEAR(セル番地)
MONTH(セル番地)
DAY(セル番地)日にち
WEEKDAY(セル番地)曜日
DATE(セル番地)
HOUR(セル番地)時間
MINUTE(セル番地)
SECOND(セル番地)
WORKDAY(開始日,日数,祭日)営業日を求める、祭日は省略可能
NETWORKDAYS(開始日,日数,祭日)○営業日後かを求める、祭日は省略可能
IF(AND(条件①,条件②),"文言①","文言②")すべての引数がTRUEのとき、TRUEを返す
IF(OR(条件①,条件②),"文言①","文言②")いずれかの引数がTRUEのとき、TRUEを返します。引数がすべてFALSEである場合は、FALSEを返す

新社会人(新卒)向けのExcelの勉強方法

勤務先の研修が丁寧だったら良いですか、多くの会社ではExcelの研修は半日程度でさらっと行う会社が多いです。従って、Excelのスキルが未熟のまま現場に出て、上司の方から叱責を食らうという方も少なくはないでしょう。そのようなことを避けるためにはExcelの独学が必須です。

Excel本で学習する

やはり、王道なのは本での学習です。付箋を貼ったり、メモを書き込んだりと自分のオリジナルの参考書を作成できます。また、少々かさばりますが、通退勤の電車の中でも読むことが出来るため便利です。Excelが苦手だと思った方はExcel本を購入し、バックの中に入れたり、勤務先のPC横に置いたりして不明点が出た時にすぐ調べられるようにしておきましょう。下記のリンクでExcelの参考書に関して紹介しているので、もし気になる方はご覧ください。

▼Excelの本に関してはこちら
新入社員が購入するべきexcelの本3選

動画で勉強する

近年、Youtubeなどでも無料でExcelに関して勉強することが出来ます。しかし、広告などが邪魔だったり、他の動画を見たりしてなかなか進まない可能性があります。そんな時に役に立つのがWeb講座です。私はUdemyというサイトでExcel関数を学習しました。詳細は下記のリンクから見ることができるので、こちらもご覧ください。

▼Udemyに関してはこちら
【Udemyが最強】新入社員(新卒)のエクセル嫌いが解決する「Udemy」とは?

まとめ

どうだったでしょうか?上記の虫食いを埋められなくても心配しないでください。これから、勉強を進めていけば必ずExcelの苦手意識を克服できます。
正直なところ、Excelのショートカットや関数は必ずしも必要というわけではありません。しかし、業務時間を効率よく、短縮することで残業時間を減らしたり、昇格につながったりします。プライベートの充実は仕事の充実ありきなので、ぜひExcelのショートカットや関数をマスターしましょう。

コメント