【2019年最新版】ウェブ解析士合格者が伝える問題集の有用性

About Web

ウェブ解析士の試験を受ける際に問題集の購入すべきかどうか悩みますよね。そんな、お悩みを解決するのがこの記事です。ウェブ解析士に合格するには問題集の購入は不可欠といっても過言ではありません。今回は、そんなウェブ解析士の問題集について紹介します。

ウェブ解析士の問題集とは?

ウェブ解析士が公式で出版している問題集は「ウェブ解析士認定試験」に対応した問題集で、公式テキストに則っています。公式テキストと同じ8章構成になっているので、公式テキストで学習した内容の定着に利用している方が多いです。また、各章の内容は補完性があるため、複数の章にまたがって問題が出題されるので、試験対策に直結します。実は、2018年までは問題集の出版はありませんでした。しかし、それ以降公式テキストの内容が改変されたり、ボリューミーになったりしたため、学習の理解度を確認する演習問題集が必要であると考え、こちらの問題集が発売されました。

ウェブ解析士の問題集の購入方法

ウェブ解析士の問題集はウェブ解析士協会のネットから購入するか、Amazon・楽天などのECサイトでの購入するかの2択です。もし、Amazonに登録している方は多少ですがポイントが還元されるのでそちらが良いでしょう。また、prime会員の方は翌日に届くので、早ければ明日から勉強することが可能です。

ウェブ解析士の公式問題集以外の他の問題集は買うべき?

他のウェブサイトやECサイトで公式以外の参考書を紹介していますが、ウェブ解析士の試験合格を目指すのであれば、他の参考書は必要ありません。しっかり、公式テキストを読み込み、問題集を3周ほど行えば、間違いなく合格するでしょう。実際に問題集の中からウェブ解析士の試験に何題か出題されています。もし、実務スキルも同時に高めたい!という方は下記の参考書に目を通してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ウェブ解析士のの合格を目指すのであれば、問題集の購入は必須です。正直、公式テストを読み込むだけですと、問題の出題傾向が分からなかったり、どこに着目して勉強すべきが不明だったりと試験を受ける上で大変不利です。問題集の金額も3000円以下のそこまで高くないので是非購入をお勧めします。