【ウェブ解析士 問題例】ウェブ解析士の模擬問題の解答(広告効果指標)

About Web

こちらは、ウェブ解析士協会が公表している模擬問題の計算問題の解説ページです。
先に問題に取り組みたい方は下記のウェブ解析士のHPをご覧ください。

https://www.waca.associates/jp/materials/exam_sample/

また、下記のページで模擬問題計10問を解答付きで掲載しているので、一括で問題を解きたいという方は下記のリンクから問題を解いてみてください

【ウェブ解析士の問題例】ウェブ解析士の模擬テストの問題一覧
【ウェブ解析士の問題例】ウェブ解析士の模擬テストの解説の紹介 ウェブ解析士の問題ってどのようなものが出るか気になりますよね。今回はそんな悩みを解決するために、ウェブ解析士協会が公表している模擬問題を一覧化しました。ぜひ、こちらの問題を...

ウェブ解析士の模擬問題(広告効果指標の計算問題)

今回の問題は下記の様です。

広告効果指標の計算について下記より正しいものを一つ選びなさい。

  1. インプレッションが100万、クリックが1,000、コンバージョンが5の場合、CTRは0.1%です。
  2. 売上が100万円、広告費が40万円の場合、ROASは150です。
  3. インプレッションが100万、クリックが1,000、広告コストが100,000円の場合、CPMは200円です。
  4. インプレッションが100万、コンバージョンが10、広告コストが100,000円の場合、CPAは5,000円です。

では、選択肢 1 から計算していきます。

選択肢①

インプレッションが100万、クリックが1,000、コンバージョンが5の場合、CTRは0.1%です。

こちらは、CTRを求めたいので、下記の公式を用います。

CTR(%)=(広告がクリックされた回数÷広告が表示された回数)×100
=(クリック数÷インプレッション数)×100

この公式に数値を代入していくと、

CTR(%)=(1,000÷100万)×100
=0.1

よって、第1問の解答は1になります。では、他の選択肢も見ていきましょう。

選択肢②

売上が100万円、広告費が40万円の場合、ROASは150です。
今回は、ROASについて求めたいので、
ROAS(%)=(売上÷広告費)×100の公式を用います。ちなみに、ROASとは「Return On As Spend」の略で広告の費用対効果を示します。

それでは、計算は
ROAS(%)=(100万円÷40万円)×100
125

よって、こちらの選択肢は×です。

選択肢③

インプレッションが100万、クリックが1,000、広告コストが100,000円の場合、CPMは200円です。

こちらは、CPMについて求めます。
CPM(円)=(広告費÷インプレッション数)×1,000

の公式を用いてCPMについて求めます。

「CPM」(Cost Per M / Cost Per Mille)は広告掲載料金の単位の1つで、インプレッション1,000回あたりの料金表します。インプレッション単価、Imp単価ともいいます。

この「M」は、ローマ数字で1,000を意味する「M」、あるいはその由来となったラテン語で1,000を意味する「mille」から来ています。

では、上記の式に代入すると
CPM(円)=(100,000÷100万)×1,000
=100

選択肢にはCPMが200と記載しているので、答えは×です。

選択肢④

インプレッションが100万、コンバージョンが10、広告コストが100,000円の場合、CPAは5,000円です。

最後はCPAについて聞かれている問題です。CPAは、

CPA(円)=広告費÷コンバージョン数
=広告コスト÷CV数
=CPC÷CVR

と3通りの方法で求めることができます。

今回は、コンバージョンと広告コスト(広告費)が分かっているので、一番上の公式を用います。

CPA(円)=100,000÷10
=1,000 という答えになります。

よって、答えは×です。

まとめ

上記の計算の通り、広告効果指標の計算問題の答えは1になります。