【メンズコスメ クレンジング】男性はクレンジング必要?

Men's Cosme

クレンジングとは?

クレンジングをすることで得られる効果は下記のものがあります。ここでは、簡単にクレンジングのメリットを紹介します。

毛穴の汚れを落とすことができる

洗顔で落ちきらない毛穴の奥やキメの溝の汚れは放置しておくとくすみ、黒ずみ、毛穴の開き、ニキビの原因となってしまいます。原因の多くは油性の汚れの過剰な皮脂です。

普通に洗顔をしているのにトラブルが改善されないという方はクレンジングを週に1〜2回取り入れてみてください。

日焼け止め・ファンデーションなどの化粧品を落とすことができる

ウォータープルーフの日焼け止めや男性用のファンデーション、コンシーラーは油性のアイテムでなので「石けんで落とせます」という説明がないものは基本は「クレンジング」を使わないと落とすことができません。

皮脂や汗と一緒に肌に残ってしまうとニキビやくすみなどのトラブルの原因となります。しっかり落として1日の汚れをリセットしましょう。

洗顔石けんや洗顔フォームの泡洗顔のつっぱりや洗いすぎを防ぐことができる

肌が女性並みに薄い、敏感肌で洗顔料がつっぱる、アレルギーやアトピーがある、年齢を重ねて何をつけても乾燥するなどの悩みは洗いすぎに注意しましょう。オイルタイプでは洗浄力が強すぎるのでミルクタイプが特におすすめです。

メンズコスメのクレンジングの選び方

クレンジングには色々な形状があり洗浄力が大きく違うので最初はサンプルや小さいボトルのお試しサイズで洗い上がりを試してみましょう。

洗い流した時の肌がつっぱらずにしっとりすべすべなのが理想です。落ちすぎてしまうと必要な皮脂まで取り除いてしまいテカリやニキビの原因になってしまいます。また洗い足りない感じがする時は毛穴汚れなどの下人になるので洗浄力を少し上げてみましょう。洗い上がりの加減が肌の未来を大きく変えるといっても過言ではありません。自分の肌と相談して気持ちよく使えるクレンジングを探してみましょう。

おすすめのメンズコスメのクレンジング

シュウウエムラ アルティム8 スブリム B クレンジングオイル

ダブル洗顔不要。朝も夜もこれ一本で大丈夫とshopで説明を受けました。正規で購入すると高いのでこちらで購入しました。乳化後、洗い流した後はオイル特有のぬるぬる感はないです。匂いもクセがなく使いやすかったです。夜のみ2プッシュの使用で2ヶ月半持ちました。

濡れた手でも使えて、ダブル洗顔いらず。
洗い上がりは、肌がすべすべ・ふくふくになるのでお気に入りです!

勧められて購入してみました。

箱には以下が明記されてます。
1.手のひらに3~4プッシュ
2.顔全体になじませる
3.少量の水かぬるま湯で乳化させる
4.水かぬるま湯で洗い流す

調べた注意点です。
・ごしごしこすらない
・クレンジング剤はたっぷりと使用する
・クレンジングはすすぎを含めて約1分以内に終わらせる
・適度な温度のお湯ですすぐ
・冷水ですすがない

以上のことから
1.手のひらに4プッシュ(ケチらない)
2.顔全体になじませる(擦らない)
3.数滴のぬるま湯を手のひらに垂らし白くなったらそれを顔全体になじませる(擦らない)
4.水かぬるま湯で洗い流す
※2~4は1分以内

ニールズヤード フランキンセンスクレンザー

乾いた手と肌に使用するクレンジングクリームです。クレンジング後は拭き取るか、洗い流します。

この洗い流しについてですが、パッケージには書かれていませんがポイントがあります。

サクランボ大を手にとって、顔に馴染ませたあと、直ぐに洗い流してはいけません!
「乳化」を行うことが大事なポイントです。

少量の水を手に取って、それをクレンジングクリームに馴染ませていきます。
乳液状にトロリとなったら、そこで初めて洗い流しです。

私は他社のリキッドファンデを使用していますが、問題なく落ちました。
マスカラなどしっかりメイクの方の場合は、ポイントリムーバーと使い分けが必要かもしれません。

香りは油脂系の独特さがあり感触も粘度が強いですが、肌に刺激になりにくいという点で、安心して使えるメイク落としだと思います。

洗い流した後は、しっとりした感じがしますが、若干油脂が残っているような気もするので、軽く洗顔をすると丁度良い感じです。

このメイク落としに配合されている「ひまし油」について調べてみると、動画などで「シミに効く」などと紹介されていたりするので、期待しています。

コールドクリームのような優しい使用感のクレンジングクリームです。
色は若干ベージュがかったアイボリー。
香りは懐かしい感じのするハーブの香りです。何故か実家の洋間のにおいを思い出します・・・
いわゆる爽やかなハーブという感じではなくて、ご年配の方の香水のような、独特の香りです。
薬効はありそうですが、日々のクレンジングが待ち遠しくなるような香りでも、リラックス効果がある感じでもなく、香りの好みは分かれると思います。

クリーム自体がメイクを巻き込んでも消えないので、しっかりマッサージしながらクレンジングができます。
メイク落ちに関しては、国内の普通のメイク用品を使っていますが、特に問題はありませんでした。
オイルクレンジング等に比べるとメイク落ちはややマイルドな感じはします。

いま現在、某通販化粧品のバオバブ種子油をメインに据えた保湿重視の基礎化粧を使っているので、こちらのクレンザーにも同じバオバブ種子油が含まれている事に好感が持てました。
洗い流した後のうるおい感は高め。肌にクリームの油分が残った感じになるので、洗顔は必須です。

せっかく洗いあがりのしっとり感が良い品なので、洗顔も同じメーカーで揃えてみたい気持ちになりますが、価格が3888円(洗顔も同じぐらい)という所でさすがに躊躇します。
イギリスの本家から買うと定価2800円ぐらいの品なのですが、何と送料が4200円もかかってしまうので、国内では3888円という価格設定は、致し方ないのかもしれません。

歴史あるブランドで日本に直営店もありますので物自体は信頼できるのですが、毎日定量ずつ減っていく消耗品という性質上、使い続けようと思ったら何と言ってもネックは価格設定かなと思います。

フィトメール:フィトメール クレンジング ジェル (洗顔料)

まとめ