【LINE(ライン) 返信 タイミング】モテる人は必ずやっているLINE恋愛テクニック

Psychology

「好きな人に勇気を振り絞ってLINEを送ったら、返信が来た!!!」って時、いざ返信しようと思っても、いつ返信すれば良いか分からない人多いのではないでしょうか?

私も、学生の時はいつ返信すれば良いか悩んでいました。今回は、そんな悩みを解決するために恋愛においてLINEを返信するタイミングについて紹介します。

LINEの返信をする間隔

相手から来たLINEを返信するタイミングは自分がLINEを送ってから相手から返信が来た時間です。自分がLINEを送って、3時間後にLINEが返ってきたら、だいたい3時間後に返信しましょう。

もし、即返信してしまうと下記のようなデメリットが生じてしまいます。

  • 相手に暇だと思われる
  • 食い気味に感じる
  • すぐに返信しなければと相手にプレッシャーを与えてしまう
  • 相手に自分の好意がばれてしまう

このように、暇に思われたり、相手に好意がばれたりと自分が相手にとって魅力的に映らなくなる可能性があります。LINEの返信をする際は、即返信しないように気をつけましょう。

これは、心理学ではページングと言います。普段は会話などで用いることが多い、心理テクニックですが、LINEでも応用できます。

LINEの返信をする時間帯

では、20時にラインを送って、3時間後の23時にラインが返ってきました。先ほどのページングを参考にすると、23時の3時間後、夜中の2時にLINEを送るのがセオリー通りですが、本当にその時間に返信すべきでしょうか?

答えは、Noです。薄々気づいている方も多いと思いますが、LINEの返信などスマホはリラックするしている時間にいじることが多いです。だから、相手のリラックスしているであろう時間に返信することが鉄則です。

一般的には、下記のような時間がリラックスしていると考えられている時間です。

  • ランチ休憩(12時〜14時)
  • ディナーの時間(19時〜21時)
  • 寝る前の時間(22時〜24時)

この時間はあくまでも一例です。例えば、看護師など夜勤がある方は夜ご飯や寝る時間が異なるので、上記の時間が勤務中の可能性があります。

また、金曜日の夜などは女子会や会社の飲み会など外食しているケースが多いので、LINEを送っても無視される可能性が高いです。

相手のライフスタイルに合わせて、こちらもLINEの返信を行うことがお勧めです。もし、気になる人とSNSで繋がっているのであれば、Instagramの投稿やストーリー、Twitterのツイートなので相手のリラックスタイムを確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「LINEの返信進するタイミング」についてご紹介しました。

これで、気になる人とも円滑にLINEでコミュニケーションそ取ることができます。ぜひ、参考にしてみてください。